TOPへ

当社の特長

コストの明確化・削減

商品の流通において、物流コストは大きく4種類に分かれています。

1つは「人件費」。自社で管理をする場合には搬送や検品、オペレーションなど様々な箇所で人件費がかかり、導線設計によってはかなり余剰な人件費がかかっているケースもあります。

2つ目は「保管費」。例えば商品によって温度や湿度など保管状況が異なる場合には多くの施設が必要になります。

3つ目は「輸送費」。配送手段やルートの効率化により、現在のコストを見直し、削減することが可能になる場合が多いです。

4つ目は「情報処理費」。在庫管理状況の確認や欠損在庫の確認、入出庫など、情報処理にはシステムとそれを管理する人件費も含んでコストがかかります。

当社では、多くの物流アウトソーシングの実績とノウハウで、今まで様々な経費に隠れていた物流コストが明確になり、削減対象が見える化され適切な運用が可能になります。

専門性の高いサービス

物流ノウハウの蓄積は時間が掛かります。例えば“どこにどのような施設が必要か”“適切な人員配置”“管理体制はどのように行えばよいか”など、新規商品の場合などには特に頭を悩ませるところです。

これまで大手メーカーを含め様々な企業の商品在庫を預かり、物流アウトソーシングを請け負ってきた当社では、各セクションに専門知識を持つ人材が適材適所な対応をし、大型クレーンなども完備した施設にてより専門性の高い管理体制とサービスを提供いたします。

貴社の「生産性の向上」「品質保持」「リソースの低減」など、様々な面でのスピード経営を支えサポートをしていきます。

納期を見据えた出荷体制

物流にはトラブルが付き物です。

例えば「配送業者との連携不足」や「出荷在庫の不備」「人的ミスによるトラブル」など多方面に気を配りながらトータルを管理する必要があります。

もちろん、当社も一度もトラブルが起こったことがないかというとそうではありませんし、そのようなことは通常不可能です。

納期に基づく出荷体制づくりには、出荷スケジュールを踏まえ、何かトラブルが起きた場合にも迅速に柔軟に対応できるノウハウと、お客様の在庫リスクを管理する体制が必要であり、当社では様々な対策を講じ、納期を見据えてた出荷体制に努めております。

中立的な第三者目線

棚卸など客観性を重要視する業務は第三者であるがゆえに中立性・公平性が確保できます。

在庫管理は常に客観的な目線で見ることが重要です。

なぜなら、商品を販売するのは在庫管理者ではないことが多く、さらにその商品の利用者も別になります。

長く同様の管理をしている場合には、なかなか見直しをする機会がなく、経済的にも人的にも余計なコストがかかっていることも多々あります。

また、新商品においても在庫管理体制を整えるにはノウハウや経験が必要になり、中立的な目線で客観視して段取りを進めることが必要になります。

多くの経験と実績により当社のアウトソーシングを利用されるお客様からは、「中立的な第三者目線で任せられる」という点をご評価いただいております。

企業様に合わせたソリューション

アウトソーシングにおいて企業が頭を悩ませる点の多くは、自社の状況にあったソリューションが見つからないということです。

当然、商品やお客様の状況によって、必要なソリューションは当然異なります。

例えば物流のトータル的な管理が必要になるケースもあれば、一部在庫の保管や流通加工、配送・入出庫のサポートなど局所的なサービスを行う場合もあります。

荷主様との打ち合わせやヒアリングを繰り返し行うことで『入出荷』『保管』『アソート』『加工』『カスタマイズ』など、様々な面で状況に応じたソリューションを提供いたします。

物流のコストダウンやフロー改善をご検討中の企業様へ

当社はお客様の物流の「課題解決」「生産性向上」「コスト削減」という視点で物流のアウトソーシングを請け負うトータルソリューションカンパニーです。

企業によって異なる物流の問題点や課題を解決すべく、お客様の状況に合わせたご提案を差し上げます。

70余年の経験と実績に基づき物流クライシスにお答えいたします。

ウチダフレイトの企業理念

ウチダフレイトは、

常に物流の高度化と革新を図り

顧客の立場に立った最良のサービスを提供し

人材開発・事業開発・市場開発を行い

生活者を主体とした 新たな事業創造に挑戦し続け

地域社会が夢や希望をもてる 豊かな社会の実現に貢献します。